• Home
  • コラム
  • フィナステリド服用中のアルコール摂取は大丈夫?過度な飲酒は控えましょう

フィナステリド服用中のアルコール摂取は大丈夫?過度な飲酒は控えましょう

フィナステリド服用中のアルコール摂取について気になっている方も多いと思います。

この記事では、フィナステリド服用中におけるアルコール摂取の影響、過度な飲酒によるリスク、アルコールが薄毛に与える影響について解説します。

適度なアルコール摂取を心掛けて、健康的な薄毛治療を目指しましょう。

\気軽に相談できるオンライン診療対応クリニック/
DMMオンラインクリニック_ロゴ
フィナステリドの料金 月額:4,980~6,380円
診察料 無料
送料 550円/回
詳細 公式サイト

※本記事で紹介しているクリニックはPRを含みます。

フィナステリド服用中のアルコール摂取は問題なし

AGA治療薬プロペシアの主成分である「フィナステリド」服用中のアルコール摂取は、一般的に問題はないとされています。

実際、国内販売元であるMSD株式会社からも、プロペシア服用中の飲酒に関する特別な制限は設けられていません。

適切な量のアルコール摂取であれば、飲酒前後にフィナステリドを服用することができます。

フィナステリドは24時間効果が持続するので1日1錠服用するお薬です。

食事の前後など飲むタイミングの指定はありませんが、毎日決まった時間帯に服用する必要があります。

飲酒の習慣があってアルコールとの飲み合わせが気になるという方は、日中にフィナステリドを服用するなど工夫するようにしましょう。

過度な飲酒はフィナステリド服用に悪影響を与える可能性がある

副作用であるED(勃起不全)のリスク

フィナステリドの副作用の1つであるED(勃起不全)は、アルコール摂取によってさらに悪化することがあります。

過度な飲酒は勃起に必要な神経の働きを弱めるためEDの原因になることがあり、フィナステリド服用者にとってはEDリスクが高まります。

フィナステリド服用によるEDリスクは決して高くはありませんが、過度の飲酒によって症状を悪化させてしまう可能性があります。

>>>AGA治療薬の副作用が現れる確率は?フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルについて解説

肝機能低下のリスク

過度なアルコール摂取は肝臓に負担をかけ、肝機能の低下を引き起こすことがあります。

フィナステリドも肝臓で代謝されるため、ある程度の負担がかかり、肝機能障害のリスクが存在します。

ただし、フィナステリドによる肝機能障害の副作用は、臨床試験で0.2%(943名中2名)と非常にまれです。

しかしながら、フィナステリド服用中の過度なアルコール摂取は肝臓に大きな負担を与え、肝機能障害のリスクを高めます。

薄毛治療を安全に続けるためには、過度な飲酒を控え、肝臓への負担を軽減することが重要です。

アルコールが薄毛に与える影響について

アルコール摂取が薄毛に直接影響を与えるという証拠はありませんが、過度な飲酒はストレスや栄養不足を招くことがあり、それが薄毛の進行につながる可能性があります。

バランスの良い飲酒習慣を心掛けることで、フィナステリドの効果を最大限に引き出すことができます。

フィナステリド服用中のアルコール摂取まとめ

フィナステリド服用中のアルコール摂取は基本的に問題ありません。

ただし、過度な飲酒はED(勃起不全)や肝機能障害など副作用リスクを高めるため、適度な量を心がけることが重要です。

さらに、過度な飲酒は薄毛の進行に間接的に影響を与える可能性があるため、バランスの良い飲酒習慣を維持しましょう。

フィナステリドに限らず、アルコールと薬を同時に服用することは、薬の効果が低下したり、副作用が増える可能性があります。

薬は水やぬるま湯で服用するようにしてください。

フィナステリドの効果を最大限に引き出すためにも、適度なアルコール摂取を心がけましょう。

 

関連記事

フィナステリド処方のオンライン診療おすすめ5選!価格やサービスを徹底比較

 

参考資料

プロペシア錠0.2mg/プロペシア錠1mg (pmda.go.jp)

この記事を書いた人
アバター画像

薬剤師 森 佑貴

ユウキ薬局代表。保険薬局で薬剤師として5年間勤務した後、零売専門薬局「ユウキ薬局」を開業。現場で薬剤師として勤務する傍ら、「一般の方向け」に「わかりやすく」お薬の情報を届けられるように記事を執筆しています。