コラム

  • Home
  • コラム
  • 零売薬局とは?処方箋なしで病院の薬が買える理由を解説
零売薬局とは?処方箋なしで病院の薬が買える理由を解説
2021.10.20

零売薬局とは?鹿児島のユウキ薬局

「零売薬局って最近増えてきたけど、どういうところなの?」

「処方箋なしで病院の薬が買えるっていうけど違法じゃないの?」

こういった疑問にお答えします。

零売薬局は違法ではなく、国が認めた零売(れいばい)という制度を利用することにより、処方箋なしで病院のお薬を販売しています。

ここ数年で「処方箋なしで病院のお薬を販売(零売)」を行う薬局が増えてきました。

とはいえ、零売薬局がどのようなところなのか知っている方はまだ少ないです。

この記事では、より多くの方に零売薬局について知っていただくために処方箋なしで病院の薬が買える理由と零売薬局を利用する上での注意点について解説します。

零売(れいばい)とは

零売とは、医療用医薬品(病院のお薬)を処方箋なしで必要最低限の量を顧客に販売することを言います。

また、必要分だけを分けて販売するので「分割販売」と呼ばれることもあります。

2005年に厚生労働省が「処方せん医薬品等の取り扱いについての通知」を出していて、ここで「処方箋に基づかない販売」いわゆる「零売」を条件付きで認めています。

しかし、零売できる医薬品は「非処方箋医薬品」に限られています。

そのため、医師の診察・処方が必要な「処方箋医薬品」は販売することはできません。

零売薬局で購入できるお薬を紹介!

処方箋なしで病院の薬が買えるユウキ薬局

病院のお薬は約15,000種類あり「医療用医薬品」と呼ばれています。

そのうち約半分は医師の診断・処方が必要な「処方箋医薬品」ですが、

それ以外の約7,000種類は「処方箋なし」での販売が制度により認められています。

>>>零売薬局で買える医薬品はこちらから確認できます

例えば、痛み止めや花粉症のお薬、保湿剤、ステロイド軟膏、漢方薬などは零売薬局で販売ができる医薬品です。

一方で、零売薬局で購入できないお薬は、抗がん剤、高血圧・糖尿病などの慢性疾患のお薬、バイアグラ、ピル、抗生物質などがあり、処方箋なしでの購入はできず医師の診断・処方が必要です。

ちなみに零売薬局で取り扱いできる医薬品については、PMDA医療用医薬品の添付文書情報からご自身で確認することも可能です。

零売薬局で買えるお薬を調べる方法

どんな人が利用するの?

零売ユウキ薬局、薬剤師に相談

  • 「忙しくて病院に行く時間のない方」
  • 「土、日、祝日など病院が閉まっていて困っている方」
  • 「新型コロナウイルスの感染リスクを考えて病院受診を控えてる方」

こういった方々に、あくまで一つの選択肢として零売薬局は利用されています。

もちろん病院受診を前提としての販売になるので、病院に行く必要がないというわけではありません。

零売薬局の利用方法

特に変わったことはなく、直接来局して薬剤師とカウンセリングを行った後に医薬品を購入するという流れになります。

初回利用時は保険薬局と同様、体質や併用薬などを確認するために簡単な問診票の記入が必要になります。

また、薬局によってはLINEで事前に在庫確認やお薬相談を行っているところもあるので、購入したい医薬品が決まっている場合はLINEを利用することでよりスムーズな利用が可能です。

保険証は必要?

零売は保険を利用しないサービスなので、保険証の持参は必要ありません。

保険を利用しないので価格が高いと思われがちですが、お薬によっては病院にかかるより安くなるケースもあります。

なぜなら零売薬局では、病院・保険薬局を利用した際ににかかる初診料や処方箋発行料、薬学管理料などといった

いわば手数料のようなものがなく、お薬代のみの価格となるからです。

零売薬局を利用する上での注意点

時間短縮ができるなど便利な零売薬局ですが、利用する上での注意点がいくつかあります。

以下のことに注意し、より安全に零売薬局を利用しましょう。

  • 受診する時間が確保できる場合や症状が重い場合は病院を受診するようにする。
  • 定められた用法用量は必ず守る。
  • お薬服用後も体調が改善しない場合は直ちに医療機関を受診する。

零売薬局どこにある?

処方箋足で買えるユウキ薬局の外観

年々、東京や大阪などの都市部では零売薬局が増えてきています。

ただし、地方ではまだまだ零売薬局は少ないというのが現状です。

そんな中、ユウキ薬局は九州初の零売を専門に行う薬局として「2021年10月」に鹿児島にOPENしました。

鹿児島の「処方箋なしで病院の薬が買える」ユウキ薬局の特徴

  • 平日仕事で忙しい人のために土日も通常営業
  • 19:30まで営業しているので仕事帰りのご利用も可能
  • LINEで事前に在庫確認が可能
この記事を書いた人

薬剤師 森 佑貴

ユウキ薬局代表。保険薬局で薬剤師として5年間勤務した後、零売専門薬局「ユウキ薬局」を開業。現場で薬剤師として勤務する傍ら、「一般の方向け」に「わかりやすく」お薬の情報を届けられるように記事を執筆しています。

LINE
LINEでも
在庫確認
お薬相談

受け付けて
おります。
お気軽にご連絡ください。
QRコード
友達追加はこちら 矢印 LINE ID: @755dxtde