• Home
  • コラム
  • 低用量ピルの個人輸入は危険!オンライン処方で安全に早く購入できます

低用量ピルの個人輸入は危険!オンライン処方で安全に早く購入できます

低用量ピルを安く早くネット購入したいと考えている女性は多いと思います。

しかし、海外のお薬を購入する個人輸入(通販)は、様々な面で危険を伴うのでおすすめできません。

現在、低用量ピル処方はオンラインで診察をすると自宅にお薬が届くオンライン診療が人気です。

この記事では、個人輸入の危険性と安全で早く買える低用量ピル処方についてお話していきます。

\気軽に相談できるオンライン診療クリニック/
クリニック DMMオンラインクリニック_ロゴ クリニックフォア_ロゴ
低用量ピルの価格 月額:2,178円~ 月額:2,783円~
診察料 無料 1,650円
送料 550円 550円
詳細 公式サイト 公式サイト

※本記事で紹介しているクリニックはPRを含みます。
※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

低用量ピルの個人輸入は危険です

注意点 注意喚起 アドバイス

低用量ピルは医師の診察、定期的な検査を必要とする医薬品です。

ネットで買える避妊用ピルは、医師の診察なしで安易に購入できますが、海外輸入品であることが多いので安全面が保証されていません。

実際にどのような危険性があるのか、みていきましょう。

個人輸入は偽物の可能性がある

「薬 偽物」と検索すると驚くほど沢山の情報が出てきます。

実際、日本にも偽薬が入ってきていて、税関で差し止められた偽造医薬品は10年前と比べると100倍にも増えていると報告されています。

ネットで安易に購入できるピルも、ほとんどが海外から輸入しているものです。

もし、避妊用ピルが偽物だった場合、もちろん避妊の効果はありません。

海外輸入薬は成分量が異なる可能性がある

海外の輸入薬は、同じ名前であっても日本で流通している薬と比べてホルモンの量や成分量が異ることがあります。

また、海外輸入薬は日本の医薬品医療機器等法に基づく安全性や有効性が確認されておらず、使用による健康被害も多数報告されています。

国内で処方された低用量ピルでさえ副作用のリスクはあります。

そのため、きちんと診察を受けてご自身に合うピルを服用することが大切です。

海外通販の場合届くまでに時間がかかる

低用量ピルを通販で購入した場合、いつ届くのかわかりません。

もちろん、〇月〇日お届け予定になっていたとしても、配達完了までは不安ですよね。

また、個人輸入サイトの大半が海外であるため問い合わせをするのにも時間がかかります。

アフターピル(緊急避妊薬)に関しては、性交渉後の服用が早いほど避妊効果が高いことがわかっています。

アフターピルは避妊効果がある時間が決まっているため、個人輸入で買うのはおすすめできません。

即日薬が届くオンライン診療クリニックを使用するか、実際にクリニックに足を運ぶのが安心でしょう。

健康被害がおきても自己責任になってしまう

偽薬のなかには、ピルの有効成分はきちんと含まれていたが、日本では禁止されている毒物も含まれていたということもあります。

知らずに服用していた結果、ヒ素、水銀など重金属が体に蓄積されてしまい将来妊娠が難しくなる可能性もあります。

さらに個人輸入した医薬品によって健康被害が起きてしまった場合は、公的な救済制度の対象になりません。

日本の薬剤であれば、万が一のことがあった場合、救済を受けられます。

厚生労働省からも医薬品の個人輸入について注意喚起がされています。

実例>>>あやしいヤクブツ連絡ネット|厚生労働省

値段が安いからといって個人輸入や個人代行業者を使って薬を買うことはとても危険です。

忙しくて病院に行けない方も、オンライン診療なら自宅でピルを受け取ることができます。

個人輸入とオンライン診療の違い

自宅で受け取り 配達

個人輸入もオンライン診療も、病院へ来院せずに低用量ピルを受け取ることができます。

個人輸入とオンライン診療の違いは、医師の診察を受けるか、受けないかです。

オンライン診療の流れを簡単にまとめました。

  1. ネットで診察日を予約する
  2. 予約後問診表を記入する
  3. スマホやPCを使用しての診察
  4. 低用量ピルが自宅に届く

オンライン診療なら安全で早く低用量ピルの処方が受けられます

オンライン診療なら、自宅に居ながら低用量ピルの処方が受けられます。

以前、個人輸入で買っていたことがあっても怒られたりすることはないので安心してください。

【問診表や診察を受けるときの注意点】

低用量ピルは、吐き気や不正出血、むくみなどの副作用、血栓症のリスクがあります。

服用を始めたときに現れる吐き気や不正出血は、服用を続けることで改善することがほとんどです。

低用量ピルによる血栓症のリスクは、1万人に3~9人程度(ピルを服用していない人は1万人に1~5人程度)と割合としては多くありません。

過度の心配は不要ですが、低用量ピルを安全に服用するためにも、持病がある方や普段から他の薬を服用している方は、きちんと問診表に記入しましょう。

また低用量ピルを飲み始めてから体調不良が起きた場合も、きちんと診察を受けるようにしましょう。

低用量ピルのオンライン診療ができるクリニックを紹介します

オンライン診療 診察 カウンセリング

クリニック 低用量ピルの料金 その他費用 おすすめ
ポイント
DMMオンラインクリニック
DMMオンラインクリニック
2,178円/月~ 診察料:無料
送料:550円
最短当日到着
クリニックフォア
クリニックフォア
2,783円/月~ 診察料:1,650円
送料:550円
豊富な診療実績
マイピル
マイピルのロゴ
2,690円/月~ 初診料:1,650円
再診料:550円
送料:550円
自宅で安心の血液検査
おうちでクリニック
おうちでクリニック_ロゴ
2,783円/月~ 初診料:1,650円
送料:550円
充実したフォロー体制

※すべて税込価格表示、プラン内容により料金変動

最短当日到着「DMMオンラインクリニック」

DMMオンラインクリニックピル

出典:DMMオンラインクリニック

低用量ピルの価格(税込)/月 シンフェーズ:2,178~3,179円
トリキュラー:2,178~3,179円
アンジュ:2,178~3,179円
マーベロン:2,178~3,179円
フリウェル配合錠ULD:3,069~3,608円
ドロエチ配合錠:4,928~5,808円
ルナベル配合錠ULD:7,018~8,228円
ヤーズ配合錠:9,108~10,670円
ヤーズフレックス配合錠:9,988~11,737円
その他費用 診察料:無料
薬の配送料:550円/回
診療時間 平日:8:00~22:00
土日祝:8:00~21:00
こんな人におすすめ 費用を抑えて治療を続けたい人
すぐに治療を始めたい人
公式サイト 詳細はこちら

※自由診療、プラン内容によって料金変動

DMMオンラインクリニックは診察料が無料

DMMオンラインクリニックは診察料が無料です。

初診からオンライン診療に対応しているので、低用量ピルの服用が初めての方でも気軽に相談することできます。

一度の配送ごとに550円(税込)の配送料が発生しますが、継続予定の方は6ヶ月分をまとめて購入するプランを選択すると良いでしょう。

DMMオンラインクリニックでは最短当日にお薬を受け取れる

DMMオンラインクリニックでは、別途費用はかかりますが、バイク便を利用することも可能です。

バイク便であれば、決済完了後、3時間程度で指定の場所でお薬を受けとることができます。

通常配送の場合でも、最短即日発送で早ければ翌日に受け取ることは可能です。

公式サイトを確認

豊富な診療実績「クリニックフォア」

クリニックフォアピル

出典:クリニックフォア

低用量ピルの価格(税込)/月
マーベロン:2,783~3,278円
トリキュラー:2,783~3,278円
ラベルフィーユ:2,783~3,278円
アンジュ:2,783~3,278円
ファボワール:2,783~3,278円
ルナベルULD:9,350~11,000円
フリウェルULD:6,077~7,150円
ヤーズフレックス:10,285~12,100円
その他費用 診察料:1,650円
薬の配送料:550円/回
診療時間 平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00
こんな人におすすめ 診療実績を重視する人
薬が無くなる前に届けてほしい人
公式サイト 詳細はこちら

※自由診療、定期便なら通常価格から15%OFFの2,783

クリニックフォアグループは診療実績100万件以上

クリニックフォアは、100万件以上の診療実績のあるクリニックです。※2020年4月~2022年8月のオンライン診療実績(お薬の発送実績を含む)

初診からオンライン診療が可能で、2回目以降は前回の診察から1年以内で同じ薬を希望する場合は、診察料はかからず簡単な問診への記入と決済だけでスムーズに低用量ピルが受け取れます。

定期配送は通常価格から15%OFF

クリニックフォアの定期配送では、医師が処方したお薬を定期的に自宅で受けとることが可能です。

処方されたお薬が無くなる前にお薬が届くので、受診忘れでお薬がなくなる心配がありません。

もちろん、お薬が合わなかった場合や休薬したい場合には翌月分から配送をストップすることも可能です。※マイページより定期配送の停止が簡単に行えます。

公式サイトを確認

アフターフォローも充実「マイピル」

マイピル オンラインピル処方

出典:マイピル 

低用量ピルの価格(税込)/月 ラベルフィーユ28:2,690~2,849円
トリキュラー28:2,690~2,959円
ファボワール28:2,690~2,959円
マーベロン28:2,690~3,069円
アンジュ28:2,690~3,069円
シンフェーズT28:2,690~2,959円
その他費用 初診料:1,650円
再診料:550円
薬の配送料:550円
診療時間 8:00~20:00
こんな人におすすめ はじめてオンライン診療を利用する人
学生の方
公式サイト 詳細はこちら

※自由診療、プラン内容によって料金は変動

安心の自宅検査キット

マイピルでは、オンライン診療でも安心して低用量ピルを続けてもらうために、自宅でできる血液検査キットの取り扱いがあります。7,700円(税込)

血液検査キットでは、副作用(血栓症を除く)の確認以外にも生活習慣病検査項目を調べることができます。

学割の適用で送料無料

マイピルでは、学割の適用で送料が無料になります。

有効期限がわかる学生証を提示できる学生の方が対象となり、通常550円(税込)の送料が、毎回無料になります。

その他にも、2シート目が半額となる「はじめて割」や再診料と送料が無料になる「まとめて処方」など、豊富な料金プランが用意されています。

キャンペーンの詳細については公式サイトよりご確認いただけます。

公式サイトを確認

おうちでクリニック

おうちでクリニック

出典:おうちでクリニック

低用量ピルの価格(税込)/月 トリキュラー:2,783円
マーベロン:2,783円
アンジュ:2,783円
シンフェーズ:2,783円
フリウェルULD:5,610円
ドロエチ配合錠:6,358円
ヤーズフレックス:12,100円
その他費用 診察料:1,650円
薬の配送料:550円
診療時間 平日 10:00~19:00
こんな人におすすめ じっくり相談したい人
スムーズに受診したい人
公式サイト 詳細はこちら

※自由診療

医師や専門スタッフが対応

おうちでクリニックでは、お薬の説明や不安の解消などについて、医師だけでなく薬剤師や看護師など専門知識を身につけたスタッフによって充実したフォローを行っています。

初めて低用量ピルを服用する場合でも、気になることがあれば、専門スタッフにじっくり相談できるので安心です。

ワンストップのオンライン診療

おうちでクリニックは、スマホやPCで予約から診察、お薬の処方までワンストップで完結するオンライン診療サービスを提供しています。

専門アプリなどのインストール不要で、ブラウザからスムーズにアクセス可能です。

公式サイトを確認

まとめ

低用量ピルを安く早くネット購入したいと考える女性も多いですが、個人輸入は危険を伴うためおすすめできません。

偽物の可能性や成分量の違い、届くまでの時間の不安定さ、そして健康被害が自己責任になるといったリスクがあります。

一方、オンライン診療は医師の診察を受けてから低用量ピルを処方されるため、安全で早く買える方法です。

オンライン診療では、ネットで診察日を予約し、問診表を記入してスマホやPCで診察を受けることができ、低用量ピルが自宅に届きます。

低用量ピルには副作用があるため、持病や他の薬の服用がある場合は問診表に記入し、体調不良が起きた場合は診察を受けることが大切です。

 

関連記事

【ピルの種類】世代や相性の違いや保険適応について解説します

【低用量ピル】21錠タイプと28錠タイプの違いを解説します

この記事を書いた人
アバター画像

薬剤師 森 佑貴

ユウキ薬局代表。保険薬局で薬剤師として5年間勤務した後、零売専門薬局「ユウキ薬局」を開業。現場で薬剤師として勤務する傍ら、「一般の方向け」に「わかりやすく」お薬の情報を届けられるように記事を執筆しています。