• Home
  • コラム
  • AGAは発症したら終わり?自力で治すことはできるのか解説

AGAは発症したら終わり?自力で治すことはできるのか解説

AGA(男性型脱毛症)は、多くの男性が抱える共通の悩みです。

「AGAを発症したら終わり」と言われることが多いですが、実際にはどのような状況なのでしょうか?

この記事では、AGAの進行や原因、予防方法、そして治療の選択肢について詳しく解説し、自力で治すことが可能かどうかについて解説しています。

AGAに対する正しい理解を深め、早めに対策を行いましょう。

AGAを発症したら終わりと言われる理由

薄毛の悩み

理由1、AGAは進行性の脱毛症で何もしなければ悪化し続けるため

AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症です。

何も対策を取らないと、髪の毛の薄毛や抜け毛は進行し続け、最終的には頭皮全体に影響を及ぼす可能性があります。

このため、「AGAを発症したら終わり」と言われることが多いです。

理由2、短期間の治療で治らず長期的な治療が必要となるため

AGAの治療は短期間で完了するものではなく、長期的な取り組みが必要です。

治療を開始しても、すぐに効果が現れるわけではなく、数ヶ月から数年にわたって継続的に治療を続けることが求められます。

理由3、改善しても治療をやめると再び薄毛が進行してしまうため

AGAの治療により一時的に改善が見られても、治療を中止すると再び薄毛が進行することが多いです。

これは、AGAの原因であるホルモンや遺伝的要因が根本的に変わらないためです。

治療を続けないと再発のリスクが高まりますが、発毛がある程度見られた場合には治療方法を変更することも可能です。

したがって、自己判断で治療を中断することは推奨されません。

AGAの原因と進行

毛周期 サイクル

遺伝的要因

AGAの発症には遺伝的要因が大きく関与しています。

家族にAGAの症状がある場合、その遺伝子を受け継ぐ可能性が高くなります。

遺伝的な素因は避けることができないため、予防や早期治療が重要です。

ホルモンの影響

男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることがAGAの主な原因です。

DHTは毛根を縮小させ、毛髪の成長を妨げます。

このため、DHTの生成を抑えることが治療の一環となります。

ライフスタイルの影響

生活習慣もAGAの進行に影響を与えることがあります。

例えば、ストレス、不規則な生活、栄養不足などがAGAを悪化させる要因となります。

健康的なライフスタイルを維持することで、AGAの進行を遅らせることができます。

AGAの初期症状と診断方法

初期症状の見分け方

AGAの初期症状としては、額の生え際が後退する、頭頂部の髪が薄くなるなどがあります。

これらの症状に気付いたら、早めに対策を講じることが重要です。

特に、抜け毛が増えたと感じた場合は注意が必要です。

専門医による診断

AGAの診断は専門の医師によって行われることが望ましいです。

医療機関では、視診や問診、場合によっては血液検査や毛根の状態を調べる検査が行われます。

正確な診断を受けることで、適切な治療方針を立てることができます。

AGAを発症したら本当に終わりなの?

薄毛の悩み

AGAの進行と治療の可能性

AGAは適切な治療を受けることで進行を遅らせたり、改善することが可能です。

治療には医薬品や外科的治療があり、患者の状態に合わせて選択することができます。

早期に治療を開始することで、より良い結果を得ることが期待できます。

AGAの予防とセルフケア

AGAを予防する方法

健康的な食生活、十分な睡眠、適度な運動、ストレス管理などがAGA予防に効果的です。

これらのライフスタイルの改善が、髪の健康を保つために重要です。

タンパク質やビタミンやミネラルを豊富に含むバランスの取れた食事を心がけましょう。

セルフケアの重要性

日常的なセルフケアとして、頭皮マッサージや適切なシャンプーの使用が挙げられます。

これらのケアは血行を促進し、頭皮の健康を維持するのに役立ちます。

また、過度なヘアスタイリングや化学薬品の使用を避けることも重要です。

AGA発症後における治療の選択肢

内服セット お薬

医薬品による治療

プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジルといった薬剤がAGAの治療に使用されます。

プロペシアとザガーロは、AGAの主な原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制します。

これにより、ヘアサイクルの乱れを防ぎ、抜け毛を予防する効果が期待できます。このため、プロペシアとザガーロは「守りの薬」として知られています。

一方、ミノキシジルは毛母細胞を活性化し、新しい髪の成長を促進します。

また、血流を改善し、髪の毛に必要な栄養を供給しやすくする効果もあります。これにより、ミノキシジルは「攻めの薬」として広く利用されています。

>>>【AGA治療薬の種類一覧】効果や副作用について解説 | 薄毛を改善する選び方

植毛手術

植毛手術は、自己の毛髪を移植することで薄毛部分をカバーする方法です。

自然な仕上がりが期待できますが、植毛のデメリットとしてコストが高くなることが挙げられます。

植毛を検討する際には、予算や期待する効果、手術後の生活スタイルなどを総合的に考慮し、信頼のおけるクリニックや専門医と相談しましょう。

ライフスタイルの改善

前述の通り、健康的なライフスタイルはAGAの進行を遅らせる効果があります。

バランスの取れた食事やストレス管理が重要です。

日常生活での小さな改善が、長期的に見て大きな違いを生むことがあります。

AGAが完治した人はいる?自力で治すこと可能なのか?

AGA ヘアー

完治は難しいが早期治療が効果的

AGAの治療を始める際には、AGAが完全に治ることはないという現実を理解しておく必要があります。

AGAは思春期以降に進行する脱毛症であり、発症すると徐々に薄毛が進行していきます。

そのため、AGAには「完治」という概念が存在しません。

治療の目的は、5α-リダクターゼの働きを抑える治療薬を使用して抜け毛を防ぎ、毛母細胞の機能を維持して発毛を促進することです。

AGAは完全に治ることは難しいですが、早期に治療を開始することで症状の進行を遅らせ、効果的に対処することができます。

>>>プロペシア(フィナステリド)を予防で飲むことはできる?

自力で治すことはできないので医師の診察を受けることが大切

AGAはサプリの服用や生活習慣の改善だけでは治療することはできないので、自力で治すことはできません。

AGA治療を行うクリニックの診察を受け、適切な治療を受けることが重要です。

自己判断での治療は避け、専門家の指導のもとで治療を進めるようにしましょう。

AGAについて正しく理解しよう

AGAを発症しても過度な心配は不要

AGAは適切な治療を行えば改善が期待できるため、過度に心配する必要はありません。

正しい知識を持ち、前向きに対処することが大切です。

専門医のサポートを受けながら、計画的に治療を進めましょう。

薄毛が気になり始めたら早めにクリニックに相談しよう

薄毛が気になり始めたら、早めに専門のクリニックに相談することをおすすめします。

早期発見と治療が、良い結果をもたらします。

20代の頃から早めに対応することで、治療の効果を最大限に引き出すことができます。

まとめ

AGAは発症したからといって終わりではありません。

AGAが完治することはありませんが、早期に治療を開始することで症状の進行を遅らせ、効果的に対処することができます。

適切な治療と継続的なケアを行うことで、髪の健康を保つことができます。

しかし、AGAは自力で治すことはできません。

皮膚科などAGAの診察が行えるクリニックを受診して、自分に合った治療法を見つけましょう。

早期の対応と適切な治療が、薄毛の進行を防ぎ、健康な髪を取り戻すための鍵となります。

 

関連記事

【オンライン診療】AGA治療が安いおすすめクリニック13選!通院との違いも紹介

フィナステリド処方のオンライン診療おすすめ5選!価格やサービスを徹底比較

デュタステリド処方のオンライン診療おすすめ5選!クリニックの特徴を比較

ミノキシジル処方のオンライン診療おすすめ3選!料金やクリニックの特徴を比較

 

参考資料

Psychological effect, pathophysiology, and management of androgenetic alopecia in men – PubMed

Treatment options for androgenetic alopecia: Efficacy, side effects, compliance, financial considerations, and ethics – PubMed

 

この記事を書いた人
アバター画像

薬剤師 森 佑貴

ユウキ薬局代表。保険薬局で薬剤師として5年間勤務した後、零売専門薬局「ユウキ薬局」を開業。現場で薬剤師として勤務する傍ら、「一般の方向け」に「わかりやすく」お薬の情報を届けられるように記事を執筆しています。