• Home
  • コラム
  • プロペシア(フィナステリド)は市販で買える?おすすめの購入方法を紹介

プロペシア(フィナステリド)は市販で買える?おすすめの購入方法を紹介

薄毛治療薬であるプロペシア(フィナステリド)は、薬局やドラッグストアなど市販で購入することはできません。

購入するにはAGA治療を行う病院やクリニックへの受診が基本になりますが、オンライン診療を利用することも可能です。

この記事では、プロペシア(フィナステリド)のおすすめの購入方法や価格相場について紹介しています。

薄毛の治療を考えている方は是非参考にしてください。

プロペシアってどんな薬?

プロペシアは、1997年にアメリカのメルク社によって開発された内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。

日本では2005年に厚生労働省から承認を得て発売が開始された国内で初めてのAGA治療薬で、今では世界60カ国以上の国で販売されています。

プロペシアの有効成分である「フィナステリド」は、抜け毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の合成をブロックすることでAGAによる薄毛の進行を抑えます。

副作用としては、リビドー(性欲)減退や勃起機能不全などの男性機能の低下や肝機能障害が報告されています。

また、日本で許可されているプロペシア錠にはジェネリック医薬品として「フィナステリド錠」が沢井製薬や東和薬品など複数のメーカーから発売されています。

プロペシアについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
>>>プロペシア(フィナステリド)の効果や注意すべき副作用について解説

プロペシアとフィナステリドの違いについて

「プロペシア」とジェネリック(後発医薬品)である「フィナステリド錠」の違いは添加物です。

メーカーごとに添加物が異なるので錠剤の色や形に若干の違いがありますが、添加物自身が体に作用したり、有効成分の作用の邪魔をすることはありません。

また、プロペシアとフィナステリド錠は同じ有効成分を同量含有していて、効果に関しても試験によって同等であることが証明されているので安心して服用することができます。

プロペシア(フィナステリド)は市販で購入できる?

プロペシア(フィナステリド)は薬局やドラッグストア、Amazonといったネット通販サイトなど、市販で購入することはできません。

また、処方箋なしで病院の薬が買えるサービスを行う零売薬局でもプロペシア(フィナステリド)の販売は不可となっています。

プロペシア(フィナステリド)は医師の処方が必要になる医療用医薬品であるため、国内で流通している正規品を購入するには医療機関を受診する必要があります。

プロペシア(フィナステリド)の購入方法

プロペシア(フィナステリド)を購入する方法は以下の3つです。

  • 医療機関を受診
  • オンライン診療を利用
  • 個人輸入を利用した海外通販

購入方法①:医療機関を受診する

病院や専門のクリニックを受診してAGA(男性型脱毛症)と診断されれば、プロペシア(フィナステリド)の処方を受けることができます。

即日薬を受け取ることができますが、通院する必要があり、薬代とは別に診察料がかかるので費用は高くなりがちです。

購入方法②:AGAオンライン診療を利用する

AGAのオンライン診療であれば、忙しくて通院できない方でも自宅にいながら薬を受けとることができます。

電話などでの診察後、翌日~3日程度で薬を受けとることができ、診察料はかからず、薬代のみで購入できるクリニックもあります。

>>>フィナステリド処方のオンライン診療おすすめ3選!価格やサービスを徹底比較

購入方法③:個人輸入を利用する

プロペシア(フィナステリド)は、本来クリニックでしか購入できない医薬品ですが、海外通販サイトや個人輸入の代行業者を利用して購入することが可能です。

比較的簡単に購入することはできますが、到着までに時間がかかる、偽造薬の可能性があるなど、個人輸入には様々なリスクがあり、おすすめできません。

海外からの個人輸入は危険

海外から個人輸入したプロペシア(フィナステリド)は、国内で流通している薬に比べて成分が過剰に含まれていたり、不純物が混入している可能性があるなど、様々な健康被害を引き起こすリスクがあります。
>>>日本における健康被害の事例 – リスクが潜む個人輸入

通常、国内で正規に流通している医薬品については、品質や有効性、安全性が確認されています。

しかし、個人輸入された医薬品にはそのような保証はなく、健康被害が起きてしまっても公的な救済制度の対象になりません。

AGA治療は継続的に行うものなので、副作用が現れるリスクを最小限に抑えられるように体質や状況に合わせて治療薬を選択する必要があります。

安心して治療を続けるためにも、医療機関できちんと診察を受け、正しくプロペシアを服用するようにしてください。

プロペシア(フィナステリド)の価格相場

AGA治療は保険適用外(自由診療)になるのでプロペシア(フィナステリド)の価格は病院やクリニックごとに自由に設定されています。

ここでは病院やクリニックからプロペシア(フィナステリド)の処方を受ける際にかかる費用の相場をご紹介します。

プロペシア(フィナステリド)の処方にかかる価格相場

プロペシア(フィナステリド)の処方にかかる費用としては薬代や診察料、検査料があり、その費用の相場は以下の通りです。※診察料・検査料については無料で行っているクリニックもあります

項目 価格相場
プロペシア 8,000円~10,000円/28錠
フィナステリド錠 3,000円~5,500円/28錠
診察料(初診料・再診料) 無料~5,000円
検査料(血液検査など) 無料~5,000円
保険適用の有無 自由診療(自費)

プロペシア(フィナステリド)とその他AGA治療薬の価格比較

プロペシア(フィナステリド)はその他AGA治療薬よりも比較的安い価格でAGA治療を行うことができます。

薬の名前 効果 1ヶ月あたりの価格相場
プロペシア
(フィナステリド錠)
薄毛の進行を抑える 8,000円~
3,000円~
ザガーロ
(デュタステリドZA)
薄毛の進行を抑える 10,000円~
6,000円~
ミノキシジル 発毛・育毛を促す 5,000円~

AGA治療薬の種類について詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
>>>【AGA治療薬の種類一覧】効果や副作用について解説 | 薄毛の治療薬

プロペシア(フィナステリド)の購入はAGAクリニックがおすすめ

先程もお伝えしたとおり、安心してAGA治療を続けるためにもプロペシア(フィナステリド)の購入はAGAクリニックから処方を受けることをおすすめします。

  • 忙しくて日中病院に行くことができない
  • 病院に相談しに行くことに抵抗を感じる
  • 近くに相談できるクリニックがない

こういった理由で通院が難しい場合は、オンライン診療を利用してAGA治療薬を購入することも可能です。

特にプロペシアのジェネリック(フィナステリド錠)であれば価格も安く、取り扱っているAGAクリニックも多いです。

AGAオンクリ(旧AGAオンラインクニック) | 24時間相談可能

AGAオンクリ(旧AGAオンラAインクリニック)

出典:AGAオンラインクリニック 

フィナステリドの料金(税込) 4,000円~5,000円/月(初月0円)※契約期間によって変動
診療時間 24時間相談可能
休診日 年中無休
診察料(初診料・再診料) 無料
薬の配送料(税込) 1,000円~1,500円※配送地域により変動
無料カウンセリング

オンライン診療に特化したAGAクリニック

AGAオンクリはオンライン診療に特化したクリニックです。

365日24時間、無料カウンセリングを受けることができるので、日中忙しい方や通院での診察に抵抗がある方でも気軽にAGA治療を受けることができます。

全額返金保証制度あり

AGAオンクリでは全額返金保証制度を利用することができます。

一定の条件を満たしたうえで、医師から効果がなかったと判断された場合は全額返金が受けられます。

AGAオンクリは、予約した時間に診療が受けられるので無駄な時間が一切ありません。カウンセリングも無料で行っているので薄毛が気になり始めたという方は空いた時間に一度相談してみましょう。

診察予約・ご相談はコチラ
>>>AGAオンクリ(旧AGAオンラインクリニック)

eLife(イーライフ) | 最短翌日に薬が届く

eLife(イーライフ)

出典:eLife  

フィナステリドの料金(税込) 月々定額コース:5,500円
6ヶ月パック:29,700円
12ヶ月パック:56,100円
診療時間 8:00~22:00
休診日
診察料(初診料・再診料) 無料
薬の配送料(税込) 無料
無料カウンセリング

すべてのプランが診察代・送料込みで最短即日発送

eLife(イーライフ)は診察・カウンセリングが無料で、すべてのプランが送料込みの価格になっています。また、希望があればプロペシアのプランを選択することもできます。

16時までに処方・決済された薬については即日発送され、全国の多くの地域(北海道、青森、秋田、沖縄などの離島除く)で翌日には受け取ることが可能です。

定額コースとパックを選択できる

eLife(イーライフ)は、毎月定額で薬を受け取る定額コースと6ヶ月分(12ヶ月分)の薬を一度の注文で全量受け取ることのできるパックを選択できます。

お薬を一度にお届けするパックであれば、定額コースよりも費用を抑えることができます。

定額コースはいつでもキャンセル無料、解約可能です。

eLife(イーライフ)は診療だけではなく、お手続き等についても電話・メール・LINEでいつでも質問を受け付けているので気になる点があれば事前に確認しておきましょう。

診察予約・ご相談はコチラ
>>>オンラインAGA診療の【eLife(イーライフ)】

まとめ

薄毛治療薬であるプロペシア(フィナステリド)は医師の処方が必要な医療用医薬品なので、市販や国内通販で購入することはできません。

安易な個人輸入は行わず、専門のクリニックを受診し、医師の処方により正しく服用するようにしてください。

「定期的な通院が難しい」「通院での診察は恥ずかしい」「生活圏内に相談できるクリニックがない」という場合は、自宅にいながらプロペシア(フィナステリド)を受け取れるオンライン診療を利用しましょう。

 

 

関連記事

【オンライン診療窓口】AGA治療が安いおすすめクリニック11選!通院との違いも紹介

ザガーロ(デュタステリド)の効果や副作用、注意点について解説

ザガーロ(デュタステリド)は市販や通販で買える?価格相場や購入方法を紹介

 

参考資料

プロペシア錠0.2mg/プロペシア錠1mg (pmda.go.jp)

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」

医薬品副作用被害救済制度 (pmda.go.jp)

この記事を書いた人
Avatar photo

薬剤師 森 佑貴

ユウキ薬局代表。保険薬局で薬剤師として5年間勤務した後、零売専門薬局「ユウキ薬局」を開業。現場で薬剤師として勤務する傍ら、「一般の方向け」に「わかりやすく」お薬の情報を届けられるように記事を執筆しています。