• Home
  • コラム
  • プロペシア(フィナステリド)の効果や注意すべき副作用について解説します

プロペシア(フィナステリド)の効果や注意すべき副作用について解説します

プロペシアは抜け毛を抑える「フィナステリド」を有効成分とする国内で初めて許可されたAGA治療薬です。

今回は、AGA治療に最も有効な治療薬のひとつである「プロペシア」の効果や副作用、注意点などについて詳しく解説していきます。

これから薄毛治療を考えている方は是非参考にしてください。

※プロペシア(フィナステリド)はドラッグストアや薬局で直接購入することはできません。医師の処方が必要な医療用医薬品ですので、プロペシアを購入したい場合は専門のクリニックを受診するようにしてください。

プロペシアとは

プロペシアは、1997年にアメリカのメルク社によって開発された内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。

日本では2005年に厚生労働省から承認を得て発売が開始された国内で初めてのAGA治療薬で、今では世界60カ国以上の国で販売されています。

プロペシアの有効成分である「フィナステリド」は、抜け毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の合成を阻害することでAGAによる薄毛の進行を抑えます。

また、日本で許可されているプロペシア錠には0.2mgと1mgの規格があり、それぞれジェネリック医薬品としてフィナステリド錠0.2mg/1mgが発売されています。

プロペシアの要点一覧

薬の名称 プロペシア錠0.2mg/1mg
ジェネリック フィナステリド錠0.2mg/1mg
沢井製薬や東和薬品など複数のメーカーから発売
効能・効果 Ⅱ型5αリダクターゼを阻害
男性における男性型脱毛症の進行遅延
服用方法 1日1回1錠を服用、通常6ヶ月間は継続して服用
副作用 リビドー(性欲)減退、勃起機能不全、射精障害、精液量減少、肝機能障害、発疹など
女性の服用 女性への適応なし
禁忌事項 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある人や 妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性の服用、錠剤の粉砕や分割
注意事項 腫瘍マーカー(PSA)の値が半減
献血 服用中の献血は不可(服用中止後、1ヶ月経過すれば可)
価格 相場は7,000~10,000円、ジェネリック(3,000~5,000円)
 市販薬 プロペシアの市販薬は発売されていません

プロペシア(フィナステリド)の効果について

AGA(男性型脱毛症)は、「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって男性ホルモン(テストステロン)が、より強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換されることで引き起こされます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、通常3~6年ほどある毛周期を大幅に短縮させてしまいます。その結果、髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまい、薄毛が進行します。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、「Ⅱ型5αリダクターゼ」をブロックすることで、AGA発症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を阻害し、毛周期を正常の状態に戻すことで薄毛の進行を抑えます。

Ⅱ型5αリダクターゼは前頭部や頭頂部に多く存在するため、プロペシアの服用により、おでこの生え際や頭頂部の薄毛の進行を抑えることができます。

プロペシアの効果はいつから実感できる?

プロペシアの効果を実感するまでの期間には個人差がありますが、平均で6ヶ月程度とされています。

プロペシアによるAGA治療は、乱れた毛周期を正常に戻すことから始まるので、どうしても効果を実感するまでに時間がかかってしまいます。

途中で服用をやめてしまうと再びAGAが進行してしまうので、効果を実感できている場合は継続的に服用することが大切です。

6ヶ月程度服用しても何も変化を感じない場合や、服用中に副作用が現れている場合は、治療方針の再検討が必要になる可能性もあるので一度、処方元の医師と相談するようにしてください。

414名の日本人を対象としたフィナステリド(1mg/日)の服用期間ごとの改善率は以下の通りで、長く服用するほど効果を実感できる方が増えていることがわかります。

服用期間 軽度改善以上の効果
1年間 58%
2年間 68%
3年間 78%

出典:日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」

プロペシアの効果が出る正しい飲み方

プロペシアの飲み方は1日1回、1回1錠の連日服用です。

効果を実感するためには、最低でも6ヶ月間続けて服用する必要があります。

服用するタイミングに指定はありませんが、薬の効果を最大限得るために毎日同じ時間帯に飲むことが大切です。

飲んだり飲まなかったりしてしまうと、薬の効果を十分に得ることができません。

薬の量を増やしても効果が増強するわけではないので、必ず決められた用量を守るようにしましょう。

プロペシア(フィナステリド)の副作用について

プロペシアの副作用は、リビドー(性欲)減退や勃起機能不全などの男性機能の低下や肝機能障害が報告されています。

男性機能に関する副作用は、「プロペシアを飲むことで副作用がでるかもしれない」という不安から起こる場合もあります。

国内の臨床試験において、プロペシアの副作用発現率は、性欲減退1.1%、勃起機能不全0.7%となっており、必ずしも副作用が起こるわけではないので過度の心配は不要です。

また、プロペシア服用による肝機能障害は極稀な副作用ではありますが、肝機能障害のある方や肝臓の数値が高い方は、診察の際に医師に伝えるようにしてください。

ポストフィナステリドシンドローム(PFS)について

ポストフィナステリドシンドローム(PFS)とは、フィナステリドを含むAGA(男性型脱毛症)治療薬によって起きた副作用が内服中止後も続いている状態のことです。

フィナステリドは一般的に使用されているAGA治療薬であり、副作用が見られた場合も服用を中止することで改善するケースがほとんどです。

ですが、服用中止後も性機能の低下や抑うつのような精神障害が持続することが一定数報告されています。

PFSの原因に関しては、はっきりとした原因は明らかになっておらず、有効な治療法も確立されていないのが現状です。

なお、PFSの報告があるのは海外で使用されるフィナステリド5mg(日本のプロペシアの5倍の濃度)を長年内服しているケースであり、日本での承認薬フィナステリド1mgについての危険性については未だ明らかにされていません。

こういった副作用のリスクを最小限に抑えるためにも、個人輸入を利用したプロペシア(フィナステリド)の購入は避け、医療機関で体質や状況に合わせて処方してもらうことが大切です。

プロペシア(フィナステリド)の注意点について

女性は服用できない

プロペシア(フィナステリド)を女性に使用することはできません。

プロペシアは男性における男性型脱毛症にのみ適応がある医薬品であり、日本皮膚科学会のガイドラインでも女性型脱毛症には使用するべきではないとされています。

また、胎児や小さなお子さんへの影響も考えられるので、妊婦又は妊娠している可能性のある女性や授乳中の女性は絶対に服用してはいけません。

分割、粉砕してはいけない

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは皮膚からも吸収されるため、女性や子供が直接触れることがないように注意が必要です。

通常の状態だとプロペシアはコーティングされていますが、割ったり砕いたりすると皮膚から吸収されてしまうので、必ず錠剤のまま服用するようにしてください。

前立腺がんの検査を受ける方は注意が必要 

プロペシア(フィナステリド)は前立腺がんの検査で測定される腫瘍マーカー(PSA)の値を50%低下させることが知られています。

検査結果を正しく判断できす、前立腺がんを見過ごしてしまうおそれがあるので、前立腺がんの健診や病院受診の際にはAGA治療薬を服用していることを必ず医師に伝えるようにしましょう。

服用中の献血はNG

プロペシアの有効成分である「フィナステリド」が輸血を通して妊娠中の女性の体内に入り胎児に影響が出る恐れがあるため、プロペシア服用中は献血はできません。

どうしても献血をしたい場合は、服用中止後1か月経てばフィナステリドが血中から消失するので、最低でも1ヶ月は間隔をあける必要があります。

プロペシア(フィナステリド)と他のAGA治療薬との違いについて

AGA治療には、プロペシア以外にもザガーロやミノキシジルといった治療薬が使われています。

薬の名称 作用の仕方 効果
プロペシア(フィナステリド) Ⅱ型5αリダクターゼを阻害 薄毛の進行を抑える
ザガーロ(デュタステリドZA) Ⅰ型/Ⅱ型5αリダクターゼを阻害 薄毛の進行を抑える
ミノキシジル 毛乳頭細胞を活性化・頭皮への血流を改善 発毛・育毛を促す

プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)の違い

フィナステリドとデュタステリドは、阻害する5αリダクターゼの種類に違いがあります。

フィナステリドはⅡ型の5αリダクターゼを阻害するのに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の5αリダクターゼを阻害することで薄毛の進行を抑えます。

デュタステリドは、フィナステリドに比べて毛髪量と毛の太さに関しては優れた効果を示すものの、AGAの治療効果に顕著な差はないという報告もされています。

フィナステリドとデュタステリドどちらを服用すべきかは一概には言えず、薄毛の進行度や体質、価格など総合的に判断することが大切です。

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの違い

フィナステリドとミノキシジルは、薄毛に対する作用の仕方に違いがあります。

フィナステリドが薄毛の進行を抑える作用があるのに対して、ミノキシジルは発毛・育毛を促進する作用があります。

薄毛の進行を抑えるプロペシア(フィナステリド)を単独で使用するよりも発毛・育毛効果のあるミノキシジルと併用することでより高い治療効果が期待できます。

プロペシア(フィナステリド)の価格について

AGA治療は自由診療なので保険適用にはならず、治療にかかる費用は自費になります。

プロペシアの価格はクリニックごとに設定されていますが、相場は1ヶ月分で7,000円~10,000円程度です。

プロペシアのジェネリックであれば、価格は4,000円~5,000円程度となるので料金を抑えることができます。

また、薬代とは別に診察料がかかる場合もあるので、事前にクリニックのHPなどで治療にかかる費用を確認するようにしましょう。

プロペシア(フィナステリド)の個人輸入は危険

海外から個人輸入したプロペシア(フィナステリド)は、国内で流通している薬に比べて成分が過剰に含まれていたり、不純物が混入している可能性があるなど、様々な健康被害を引き起こすリスクがあります。

国内で正規に流通している医薬品については、品質や有効性、安全性が確認されています。

しかし、個人輸入された医薬品にはそのような保証はなく、健康被害が起きてしまっても公的な救済制度の対象になりません。

AGA治療は継続的に行うものなので、副作用が現れるリスクを最小限に抑えられるように体質や状況に合わせて治療薬を選択する必要があります。

安心して治療を続けるためにも、医療機関できちんと診察を受けて正規品のプロペシア(フィナステリド)を処方してもらいましょう。

>>>フィナステリド処方のオンライン診療おすすめ3選!価格やサービスを徹底比較

プロペシア(フィナステリド)に関するよくある質問(FAQ)

プロペシア(フィナステリド)は市販で購入できますか?

プロペシア(フィナステリド)は医師の処方が必要な医療用医薬品なので、薬局やドラッグストアで直接購入することはできません。

また、処方箋なしで病院の薬が買える零売薬局でもプロペシア(フィナステリド)の販売は不可となっています。

プロペシア(フィナステリド)の購入方法についてはこちらを参考にしてください。
>>>プロペシア(フィナステリド)は市販で買える?おすすめの購入方法を紹介

飲み忘れた場合の対処法は?

もし飲み忘れてしまった場合は、その日のうちであれば、気づいた時点で服用してください。翌日に気づいた場合は、飲み忘れた分は服用せずに翌日分のみ服用してください。

1日服用を忘れたからといって、一度に2日分を服用してはいけません。

プロペシア(フィナステリド)は未成年でも服用できますか?

未成年者はプロペシアを服用することはできません。

プロペシアは20歳から服用可能ですが、20歳未満での安全性及び有効性は確立されていません。

プロペシア(フィナステリド)の服用はドーピング違反になりますか?

プロペシアを服用していてもドーピング違反にはなりません。

過去にドーピング検査の禁止リストに掲載されていましたが、2009年1月より、ドーピング検査の対象から外れています。

プロペシア(フィナステリド)服用中は子作りへの影響はありますか?

妊活中の男性がプロペシアを服用していても胎児に影響がでることはありません。

販売元であるメーカーの資料では、フィナステリド1mgを1日1回6週間服用した時に、精液中への移行量は極めて微量(投与量の0.00076%以下)であったと報告されています。

どうしても心配であれば、服用中止後1か月経てばフィナステリドが身体から抜けるので、その後に妊活を始めてください。

まとめ

プロペシアは最も有効なAGA治療薬のひとつで、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンの合成を阻害することで薄毛の進行を抑えます。

効き目を実感するまでに時間がかかるので、1,2ヶ月服用して効かないと判断するのではなく、最低でも6ヶ月程度は服用を続ける必要があります。

長期的な服用になるので、安心して治療を続けるためにも専門のクリニックでプロペシアを処方してもらいましょう。

 

関連記事

【オンライン診療窓口】AGA治療が安いおすすめクリニック11選!通院との違いも紹介

【AGA治療薬の種類一覧】効果や副作用について解説 | 薄毛を改善する選び方

ザガーロ(デュタステリド)の効果や副作用、注意点について解説

 

 

参考資料

プロペシア錠0.2mg/プロペシア錠1mg (pmda.go.jp)

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

The effect of finasteride on prostate specific antigen: review of available data-PubMed

A randomized, active- and placebo-controlled study of the efficacy and safety of different doses of dutasteride versus placebo and finasteride in the treatment of male subjects with androgenetic alopecia-PubMed

この記事を書いた人
Avatar photo

薬剤師 森 佑貴

ユウキ薬局代表。保険薬局で薬剤師として5年間勤務した後、零売専門薬局「ユウキ薬局」を開業。現場で薬剤師として勤務する傍ら、「一般の方向け」に「わかりやすく」お薬の情報を届けられるように記事を執筆しています。