• Home
  • コラム
  • ロゼレム(ラメルテオン)は市販で購入できる?オンライン診療で処方を行うクリニックを紹介

ロゼレム(ラメルテオン)は市販で購入できる?オンライン診療で処方を行うクリニックを紹介

メラトニン受容体を刺激する、新しいタイプの睡眠改善薬ロゼレム(ラメルテオン)。

この記事では、メラトニン受容体作用薬ロゼレム(ラメルテオン)の効果や副作用、市販薬があるのかなどについて詳しく解説します。

※本記事はPRを含みます。

ロゼレム(ラメルテオン)とは

睡眠、寝起き

ロゼレム(ラメルテオン)とは、メラトニン受容体を刺激して作用を発揮する睡眠薬です。

メラトニンとは、睡眠リズムを調節しているホルモンのことで、その受容体に作用して、自然な眠気を促します。

不眠症の中でも入眠困難の方に使われる睡眠薬で、主成分はラメルテオンです。

ロゼレム(ラメルテオン)の特徴

ロゼレム(ラメルテオン)は、睡眠リズムを調節しているメラトニンの受容体に作用するので、自然な眠気を促します。

強い作用を期待できるベンゾジアゼピン受容体に作用しないので、効果は弱いけれども、依存性がなく、副作用も少ない睡眠薬です。

そのため、高齢者や身体疾患のある人、睡眠相のずれ(睡眠の時間帯が、社会生活上望ましい時間帯からずれてしまって、支障がある状態。例えば、朝、起床できず、登校できない)などの治療に使われます。

睡眠薬や睡眠導入剤には依存性や乱用の危険があるので、処方日数の制限がありますが、ロゼレム(ラメルテオン)には、制限がありません。

ロゼレムとラメルテオンの違いについて

ラメルテオンはロゼレムのジェネリック医薬品(後発品)です。

有効成分や効果に違いはありませんが、ジェネリック医薬品であるラメルテオンのほうが薬価が安くなります。

ロゼレムは、2010年に武田薬品工業で販売開始された、先発医薬品の商品名。

ラメルテオンはロゼレムの有効成分の名称であり、ジェネリック医薬品の商品名としても使われています。

これは、後発品の商品名が「一般名+製薬会社の名称」という形式で表記されることになっているためです。

ロゼレム(ラメルテオン)の効果効能について

ロゼレム(ラメルテオン)の適応症は、「不眠症の入眠困難の改善」です。

入眠困難とは、夜、ふとんに入ってもなかなか寝つけない状態のことです。

睡眠障害には、入眠障害のほかに、中途覚醒(睡眠中に何度も目覚め、その後眠れない)や早朝覚醒(朝早く目覚めて、その後、眠れない)、熟眠障害(睡眠時間は十分なのに、ぐっすり眠った感じがしない)などがあります。

必ずどれか一つというわけではなく、重複して現れる場合も多く、特に高齢者は複数の症状を訴えることが少なくありません。

タイプによって治療方法が違うので、入眠障害でなくとも、ロゼレムを使う場合があります。

>>>【ロゼレム(ラメルテオン)の強さ】効果時間やその他睡眠薬との比較

ロゼレム(ラメルテオン)の副作用について

ロゼレム(ラメルテオン)の副作用は、発現頻度別に、次のとおりです。

発現頻度 0.5~5% 頻度不明
副作用 めまい、頭痛、眠気、発疹、便秘、悪心、倦怠感 悪夢、プロラクチン上昇、自殺企図

多くの睡眠薬で指摘されている「せん妄」も起こりにくく、この点からも高齢者にも使いやすい睡眠薬ともいえます。

ロゼレム(ラメルテオン)はいつ飲む?服用方法について

ロゼレム(ラメルテオン)は成人の場合、就寝前に1回8mgを就寝前に服用します。

ロゼレム(ラメルテオン)の効果には個人差があるので、生理的なリズムの「メラトニンが本当に分泌されるに時刻」に合わせて、飲むタイミングを21時頃にすることも多くあります。

自然な眠気を促して、眠りやすくします。

ロゼレム(ラメルテオン)は市販や通販で購入できる?

ロゼレム(ラメルテオン)は薬局やドラッグストア、Amazon、楽天などの国内通販で購入することはできません。

処方箋なしで病院の薬を購入できる零売薬局でもロゼレム(ラメルテオン)の扱いはありません。

ロゼレムの主成分であるラメルテオンを配合した薬は市販でも通販でも扱いがないため、服用したい場合は医療機関を受診して処方してもらう必要があります。

市販で購入できる睡眠改善薬は、ロゼレム(ラメルテオン)とはまったく違う働き方で睡眠を促す薬です。

また、不眠症への適応はなく、一時的な不眠症状のみに使用できます。

ロゼレム(ラメルテオン)の代わりに市販薬を使うことはできないので注意しましょう。

個人輸入を利用した海外通販は危険

注意点 注意喚起 アドバイス

個人輸入を利用した海外通販サイトでロゼレム(ラメルテオン)が販売されていることがありますが、購入はおすすめできません。

海外から個人輸入した医薬品は、成分が過剰に含まれていたり、不純物が混入している可能性があるなど、様々な健康被害を引き起こすリスクがあります。

また、個人輸入された医薬品で健康被害が起きてしまっても公的な救済制度の対象外となってしまいます。

ロゼレム(ラメルテオン)を購入したい場合は、医療機関を受診して処方を受けるようにしてください。

ラメルテオンの取り扱いがあるオンライン診療クリニックを紹介

オンライン診療

さいごに、ロゼレムのジェネリックであるラメルテオン錠の取り扱いがあるオンライン診療対応のクリニックをご紹介します。

「病院を受診するのに抵抗がある」

「仕事が忙しくてなかなか病院を受診できない」

このような方におすすめしたいのが、オンライン診療です。

オンライン診療なら自宅にいながら医師の診察を受けられるため、病院に足を運ぶのに抵抗がある方や時間がない方でも気軽に受診できます。

処方された薬は自宅まで郵送されるので、薬局に行く手間もかかりません。

初診からオンライン診療に対応のDMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニック不眠症・睡眠障害出典:DMMオンラインクリニック

ラメルテオン錠8mgの料金 お試しプラン:2,750円/7日分
単月:3,850円/月
1ヶ月ごと定期:3,168円/月
診療時間 平日:8:00~22:00
土日祝:8:00~21:00
診察料(初診料・再診料) 無料
カウンセリング 無料
薬の配送料 550円/回
こんな人におすすめ スムーズに診察を受けたい人
すぐに薬を受け取りたい人
詳細 公式サイト

※料金はすべて税込価格
※公的医療保険が適用されない自由診療

DMMオンラインクリニックはオンライン診療のプラットフォームサービス

DMMオンラインクリニックはオンライン診療のプラットフォームサービスです。

診療は提携先医療機関である、医療法人社団DMCが行っています。

初診からオンライン診療が可能で、自宅にいながらスマホ一台で不眠症・睡眠障害の治療が受けられます。

また、診察料が無料なので、通院するほどではないが、一度症状について相談してみたい方も気軽に受診できます。

DMMオンラインクリニックは簡単操作でスムーズに診察が受けられる

DMMオンラインクリニックのオンライン診療は、予約から薬の受け取りまでスムーズに受けられるので、スマホやPC操作が苦手な方でも気軽に治療を始められます。

また、診察当日の所要時間を短くするために、事前に問診票の記入や、不眠症治療に関する説明動画の視聴ができるといった工夫がされています。

公式サイトを見る

ロゼレム(ラメルテオン)についてよくある質問

質問、疑問、QアンドA

ロゼレム(ラメルテオン)に即効性はありますか?

ロゼレムに即効性はありません。

直接、睡眠を導入するのではなく、時間をかけて睡眠の状態を整えていく睡眠薬です。

効果を実感するのに2~4週間ほどかかることが少なくありません。

そのため、「眠れないとき」のみに使う頓服薬とは処方されず、定期的に服用します。

ロゼレム(ラメルテオン)に依存性はありますか?

ロゼレムに依存性はありません。

ロゼレムはメラトニン受容体に作用して、効果を発揮するからです。

多くの睡眠薬はベンゾジアゼピン受容体に作用して、効果を発揮します。

このようなベンゾジアゼンピン系睡眠薬では、最短4週間で依存性ができ、急に中断すると離脱症状があらわれます。

デエビゴなど他の睡眠薬との併用はできますか?

ロゼレムと他の睡眠薬との併用に関しては、安全性が確立していません。

そのため、処方は医師の裁量に任されています。

患者の不眠の状態によっては、ロゼレムとデエビゴなど他の睡眠薬とが併用される場合があります。

飲み合わせが悪い薬(併用禁忌薬)はありますか?

ロゼレムは、フルボキサミンマレイン酸塩(抗うつ薬、商品名:デプロメール/ルボックス)を投与中の方には禁忌(使用できない)です。

というのは、ロゼレムは、おもにCYP1A2という肝臓の酵素で代謝されますが、フルボキサミンマレイン酸塩にはこの酵素を強く阻害する作用があるからです。

一緒に服用すると、ロゼレムは代謝(分解)されず、血中濃度が顕著に上昇して、作用が強く現れるおそれがあります。

うつ病では睡眠薬が投与されることも多いので、注意が必要です。

ロゼレム(ラメルテオン)は食事の影響を受けますか?

ロゼレム(ラメルテオン)は食事の影響を受けることが報告されています。

食事と同時または食事の直後に服用してしまうと、有効成分が十分に吸収されず、効果が弱まってしまいます。

可能であれば食後2時間ほどをあけて、就寝直前に服用するようにしましょう。

まとめ

ロゼレム(ラメルテオン)とは、メラトニン受容体を刺激して作用を発揮する睡眠薬です。

不眠症の中でも特に入眠困難の方に使われます。

ロゼレムの主成分であるラメルテオンを配合した薬は市販でも通販でも扱いがないため、服用したい場合は医療機関を受診するようにしましょう。

ロゼレム(ラメルテオン)はオンライン診療を利用して処方が受けられます。睡眠に関して悩みがある方は、適切な治療を受けるためにも早めに医師へご相談ください。

 

関連記事

リスミーってどんな薬?市販薬はあるの?オンライン診療での購入がおすすめ

デエビゴは市販で購入できる?オンライン診療で処方を行うクリニックを紹介

ルネスタ(エスゾピクロン)は市販で購入できる?オンライン診療で処方を行うクリニックを紹介

 

参考資料

ロゼレム錠8mg|添付文書

インタビューフォーム|ロレゼム

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所睡眠・覚醒障害研究部|不眠症

この記事を書いた人
アバター画像

薬剤師 森 佑貴

ユウキ薬局代表。保険薬局で薬剤師として5年間勤務した後、零売専門薬局「ユウキ薬局」を開業。現場で薬剤師として勤務する傍ら、「一般の方向け」に「わかりやすく」お薬の情報を届けられるように記事を執筆しています。