• Home
  • コラム
  • デエビゴは市販で購入できる?オンライン診療で処方を行うクリニックを紹介

デエビゴは市販で購入できる?オンライン診療で処方を行うクリニックを紹介

「うまく眠れなくて困っている」「でも、睡眠薬は危ないイメージがあって心配」

このような睡眠についてお悩みの方は少なくありません。

今回は、さまざまなタイプの不眠症を改善する薬である「デエビゴ」についてご紹介します。

デエビゴとは、どんな薬なのか、市販薬の有無などの購入方法などを解説しているので、睡眠でお悩みの方は参考にしてください。

※本記事はPRを含みます。

デエビゴの基礎知識

パソコンを見ている女性

デエビゴは、不眠症の治療薬として2020年に販売された、比較的新しい薬です。

主成分として、レンボレキサントが配合されています。

デエビゴは、従来の睡眠薬のように、強い眠気で強制的に睡眠に入るような効果は得られませんが、自然な形で眠りにつけるため、睡眠の質を高めることが期待できます。

デエビゴの特徴について

これまでに広く使われていた「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」「バルビツール酸系」の3種類は、脳の働きを低下させ、強制的に眠りにつかせるような強い効果がある一方で、依存性(薬を服用しないと眠れなくなる状態)が問題になっていました。

デエビゴは、「オレキシン受容体拮抗薬」と呼ばれる新しい作用の薬で、依存性が少なく、安全性が高いという特徴があります。

オレキシンというのは、覚醒の維持に重要な物質です。

オレキシンの量は1日の中で波のように変化していて、オレキシンが脳内の受容体というスイッチを押せば「覚醒(起きる)」が維持され、スイッチを押さなくなれば「睡眠」へとモードが切り替えられます。

デエビゴは、オレキシンが「覚醒」のスイッチを押せないように阻害することで、自然な眠気を促し、不眠を改善する薬です。

デエビゴの効果

不眠症には大きく4つの悩みタイプがあり、複数の悩みを併せ持つ方も少なくありません。

デエビゴは、体を「睡眠モード」へ傾け眠気を生じさせることで、以下の4つのタイプに関わらず、不眠症状を改善する薬です。

  • 入眠障害…寝るまでに時間がかかる、寝つきが悪い
  • 中途覚醒…途中で何度も目が覚めてしまう
  • 熟眠障害…ぐっすり寝た気がしない
  • 早朝覚醒…早く目が覚めてしまう

デエビゴの副作用

デエビゴは、比較的安全性の高い不眠症治療薬ではありますが、いくつか副作用も報告されています。

  • 眠気が残る(10.7%)
  • 頭痛(4.2%)
  • 異常な夢、悪夢を見る(1.8%)
  • 金縛り(1.6%)

デエビゴは、従来の睡眠薬と比較すると、比較的眠気が残りにくいお薬です。

眠気が強く残ってしまう方は、睡眠時間そのものが短く、デエビゴの効果が残っている可能性があります。

睡眠時間は十分とっているのに眠気が残るという場合は、デエビゴの減量や薬剤の変更を検討する必要があります。

デエビゴはいつ飲む?

デエビゴは、就寝直前に服用します。

デエビゴは、効果が出るまでの時間が早く、服用して30分前後で眠気を感じる方が多いので、服用後は作業をしたり外出を控えてください。

食後すぐに服用すると、眠気の効果が出るまでの時間が遅くなってしまう可能性があります。

質のよい睡眠をとるため、夕食後2時間程度あけて服用するようにしましょう。

デエビゴは市販や通販で購入できる?

デエビゴは市販や通販で購入できない薬です。

デエビゴの主成分であるレンボレキサントを配合した薬は市販でも通販でも扱いがないため、服用したい場合は医療機関を受診して処方してもらう必要があります。

市販で購入できる睡眠改善薬は、デエビゴとはまったく違う働き方で睡眠を促す薬です。

また、不眠症への適応はなく、一時的な不眠症状のみに使用できます。

デエビゴの代わりに市販薬を使うことはできないので注意しましょう。

個人輸入を利用した海外通販は危険

注意点 注意喚起 アドバイス

医療用医薬品を個人輸入するための海外通販サイトもありますが、おすすめできません。

成分量が規定通りでなかったり、不衛生な場所で作られた模造品であったりと、安全性に問題のあった事例が後を断ちません。

また、稀なことではありますが、日本では規制されている成分が混入していた事例もあります。

個人輸入した医薬品で健康被害が起きてしまった場合、含まれた成分がはっきりせず、対処が難しくなることも考えられます。

安価であるなど、利用したいと感じる理由があるかもしれませんが、海外通販で医薬品を個人購入するのは危険です。

デエビゴの購入は不眠症・睡眠障害のオンライン診療がおすすめ

女性、寝起き、睡眠

不眠でお悩みの方、デエビゴを服用してみたいと考えている方には、オンライン診療がおすすめです。

オンライン診療なら自宅にいながら医師の診察を受けられるため、病院に足を運ぶのに抵抗がある方や時間がない方でも気軽に受診できます。

オンライン診療の利点

オンライン診療は、自宅やお出かけ先などでご自身の好きなタイミングで受診できます。

ご自宅や近くのコンビニ等までお薬が配送されるため、煩わしい待ち時間もありません。

お仕事などで忙しい方でも、ご自身の生活に合わせて受診することができる点がメリットです。

オンライン診療の注意点

オンライン診療の場合、すべての睡眠薬を取り扱えるわけではありません。

取り扱いのできる薬には制限があり、必ずしもご希望の薬の処方を受けられるとは限らない点をご理解ください。

また、対面で受診すべき状態であると医師が判断した場合には、薬を処方できないことがあります。

オンライン診療の流れ

不眠症・睡眠障害のオンライン診療の主な流れは以下のとおりです。

  1. クリニックのウェブサイトから希望の診察日時を選択
  2. 問診票を記入
  3. オンラインで医師とビデオ通話やチャットによる診察
  4. 処方薬は病院から直接自宅に郵送してもらえる
  5. 服用開始後、定期的にフォローアップや相談を受ける

オンライン診療を利用すれば、デエビゴの処方が手軽に受けられます。

ただし、適切な診察が必要であり、安心して不眠症治療を続けるためにも定期的なフォローアップや相談を受けることを忘れずに行いましょう。

デエビゴの取り扱いがあるオンライン診療クリニック

スマホを操作する人

最後に、デエビゴの取り扱いがあるオンライン診療対応のクリニックをご紹介します。

初診からオンライン診療に対応のDMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニック不眠症・睡眠障害出典:DMMオンラインクリニック

デエビゴ(5mg)の料金 単月:7,480円/月
1ヶ月ごと定期:6,358円/月
診療時間 平日:8:00~22:00
土日祝:8:00~21:00
診察料(初診料・再診料) 無料
カウンセリング 無料
薬の配送料 550円/回
こんな人におすすめ スムーズに診察を受けたい人
すぐに薬を受け取りたい人
詳細 公式サイト

※料金はすべて税込価格
※公的医療保険が適用されない自由診療

DMMオンラインクリニックはオンライン診療のプラットフォームサービス

DMMオンラインクリニックはオンライン診療のプラットフォームサービスです。

診療は提携先医療機関である、医療法人社団DMCが行っています。

初診からオンライン診療が可能で、自宅にいながらスマホ一台で不眠症・睡眠障害の治療が受けられます。

また、診察料が無料なので、通院するほどではないが、一度症状について相談してみたい方も気軽に受診できます。

DMMオンラインクリニックは簡単操作でスムーズに診察が受けられる

DMMオンラインクリニックのオンライン診療は、予約から薬の受け取りまでスムーズに受けられるので、スマホやPC操作が苦手な方でも気軽に治療を始められます。

また、診察当日の所要時間を短くするために、事前に問診票の記入や、不眠症治療に関する説明動画の視聴ができるといった工夫がされています。

公式サイトを見る

まとめ

デエビゴは、依存性が少ない「オレキシン受容体拮抗薬」と呼ばれる比較的新しいタイプの睡眠薬です。

体を「睡眠モード」へ傾け眠気を生じさせることで、不眠のタイプに関わらず、不眠症状を改善する薬です。

デエビゴの主成分であるレンボレキサントが配合された市販薬は販売されていないため、服用を希望する方は医療機関を受診するようにしましょう。

デエビゴは不眠症・睡眠障害のオンライン診療で取り扱いがあります。

睡眠に関して悩みがある方は、適切な治療を受けるためにも早めに医師へご相談ください。

 

関連記事

デエビゴで何時間寝れる?作用の強さや持続時間、従来型の睡眠薬との違いについて

リスミーってどんな薬?市販薬はあるの?オンライン診療での購入がおすすめ

ロゼレム(ラメルテオン)は市販で購入できる?オンライン診療で処方を行うクリニックを紹介

ルネスタ(エスゾピクロン)は市販で購入できる?オンライン診療で処方を行うクリニックを紹介

 

参考資料

デエビゴ錠|インタビューフォーム

不眠症 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ | あやしいヤクブツ連絡ネット(厚生労働省)

医薬品副作用被害救済制度

この記事を書いた人
アバター画像

薬剤師 森 佑貴

ユウキ薬局代表。保険薬局で薬剤師として5年間勤務した後、零売専門薬局「ユウキ薬局」を開業。現場で薬剤師として勤務する傍ら、「一般の方向け」に「わかりやすく」お薬の情報を届けられるように記事を執筆しています。